保育の特色

保育理念

一人一人の個性を心に抱きしめ、
痛みや喜びを分かち合えるようになりたい。
何より「生きるのが楽しい」と思い続けられるように。そして、一人では
生きられない人生である以上、他者との共感共生を旨とした保育を心がけていきます。

保育方針

  • 児童福祉法、保育所保育方針をふまえ、乳児から幼児への発達段階に応じて心身の成長に調和のとれた保育をします。
  • 職員は、子どもの心を大切にし、常に子どもの視点に立った保育を心がけ実践するため児童に関わる様々な問題に対する知識の向上と対応する技術の向上に努めます。
  • 保護者や地域社会との連携を大切にし、子どもの成長を見守ります。
  • 子どもたちにとって安心した集団生活を過ごせるよう、保健衛生、防犯設備等の保育環境を常に充実していきます。

保育目標

  • 専門講師による、体育、音楽、造形、英語、表現遊びを体験することから子どもたちの様々な可能性を引き出し、また多くの友達との関わりの中で優しさや、思いやり、そして共に喜ぶ気持ちを育てます。
  • 様々な失敗を含めた生活体験を通して子ども自身が、自ら課題を克服できるように導いていきます。その結果、達成する喜びを知り、自分自身への自信を育てます。
  • 五感で感じることを大切にし、考える力、不思議に思う心を育んでいきます。

特別指導

音楽(リトミック)

音楽(リトミック)

リズムに合わせて音楽を体で体験し、想像力や表現力を育てます。

体育のようす

体育

体育を通して健全な心と体を育てます。

英語のようす

英語

英語の歌やゲームを通して「英語が好き!」という気持ちを育てます。

造形指導のようす

造形

作って遊ぶことから、自ら考える力を育てます。

表現指導のようす

表現

自分の考えを言葉にしたり、友だちの言葉に耳を傾けながら遊ぶことで協調性を育てます。

食育活動

菜園活動

園内にある小さな畑で菜園活動をして、自分たちでそだてた野菜を収穫して食べる喜びを
味わえるようにしています。

クッキング

みんなで作る楽しさ、みんなで食べる喜びを味わいます。
食物アレルギーのあるお子様がいる場合はみんなが食べられる材料を話し合い
いっしょに食べられるようにしています。